ビザ取得方法について

ビザの種類

一般的に、外国籍の方が米国に渡航する場合は、米国ビザを取得しなければなりません。ビザは、旅行者が国籍を有する国が発給する旅券(パスポート)に貼付されます。 特定の国籍の方が米国に渡航する場合、ビザ免除プログラムの条件を満たせば、ビザなしでの渡航が可能となる場合があります。

ビザの種類 滞在可能期間 条件 申請時期 料金 仕事の可否
EATA 90日以下 90日より期間が短く、
また授業時間が週18時間未満の留学の場合
航空券の予約時にESTAを申請するか、
少なくとも渡米日の72時間以上前に
ESTAの申請をすることをお勧めします。
14ドル
ESTA申請サイトを通して
クレジットカードで支払うことが
できます。
不可
学生ビザ(F-1 ) 6ヵ月~5年間 認可された英語プログラムなどで教育を受けること
を希望する場合は、F-1 ビザが必要です。
週18時間以上の授業を受ける場合も
F-1 ビザが必要です。
申請は渡航3ヶ月前をお勧めします。 160ドル 不可

ESTA

オンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラムです。
日本を含む全てのVWP対象国の方がビザなしで観光や商用で米国に90日以下の渡航をする場合、ESTA認証が必要です。渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証が必要となります。

ESTA申請公式ウェブサイトはこちら

学生ビザ(F-1ビザ)

一般的な学生ビザは、「F-1ビザ」と呼ばれています。
この「F-1ビザ」は、アメリカ国内の認定大学、私立の高等学校、そして、認可された英語プログラムなどで教育を受ける場合に必要になるものです。
学生ビザ(F-1)の有効期間は、留学期間に合わせて6ヶ月から5年間の長さで発行されるのが一般的です。
ビザを申請される際に、オンラインを利用したビザ申請システムの通称「DS-160」を導入しております。
「DS-160」に電子署名することにより、そこに含まれる申請者の情報が事実に相違がないことを申請者自身が証明したと判断されます。

DS-160オンライン申請書の作成サイトはこちら